【売上拡大】 ホームページ

 こんにちは、中小企業診断士の土肥です。今回からはテーマを販売促進のための手法・媒体を紹介します。


 今回のテーマはホームページ(以下HP)です。なぜHPは必要なのかをご説明します。これまで中小企業の集客・宣伝手段としては、折り込みチラシやダイレクトメール、雑誌広告などが一般的でした。しかしそれらに掛かる人件費や経費は決して安いものではありません。また新聞広告やテレビ・ラジオCMなども強力な集客効果を発揮しますが、その費用は莫大で中小企業には向いてないといえます。  しかしインターネットの普及以降、その状況が大きく変化しました。中小企業がプロモーション活動で劣位に置かれている状況の打開策として、企業HPとSEO対策が注目されるようになったのです。SEO対策とはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション、検索エンジン最適化)の略で、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンからアクセスを集めるための手法のことです。SEO対策が、折り込みチラシやダイレクトメールなどの従来の集客・宣伝手段とちがって画期的だったのは、追加費用をかけずに無限に集客力をアップできるところです。  企業HPに充実した情報を掲載しておけば、検索エンジンを経由して見込み顧客が自然に訪問してくれます。有料広告を利用していないかぎり、Yahoo!やGoogleに広告料を支払う必要は全くありません。  企業ホームページの検索エンジン経由の集客力は、掲載されているコンテンツの質と量によって決定されます。より具体的にいうと、検索ユーザーの役に立つ情報をしっかりと文章化して、ページを追加していけば、Yahoo!やGoogleからのアクセス数は自然と増大していきます。  弊社のHPのようにWebの専門知識がない人でも簡単にHPを編集できるツール(WixやJINDO)を使えば、社内で簡単に編集できます。HP制作会社に更新の作業費用を払う必要もないので、追加料金をかけずにいくらでも集客力をアップできるのです。  無料HPはどんなに多くの人に閲覧されても、コストは無料です。広告・宣伝費の制約が厳しい中小企業にとって、HPとSEO対策は最適の集客手段です。

 今回はここまでです。ありがとうございました。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示