予算設定の大事さ

更新日:2019年8月6日

こんにちは、中小企業診断士の土肥です。 


 事業を行っていく上で、予算を設定することは重要です。

 予算を設定して実績管理を行うことは、目標設定を行い効率的に活動を行うために欠かかせません。


 しかし、予算設定には難しさも伴います。簡単に達成できる予算を作ってしまえば業績アップにはつながりにくくなりますし、達成できない予算設定をすれば会社全体のモチベーション低下に繋がります。そこで、予算設定の重要性や予算設定を適切に行っていくためのポイントなどについてお伝えします。


 予算設定とは、予算管理を行うための元となる予算を作成することをいいます。 そして、予算管理とは設定した計画である予算と実績を比較して問題点や課題を分析し、改善するための対策を検討することです。


 多くの従業員が働く会社において、会社の目標、ビジョンを共有しておく必要があります。共有できていない場合、各従業員がばらばらの方向を向いて仕事をすることになってしまい、効率的な事業運営ができません。

 予算があれば具体的な目標を数値で知ることができますので、何をどれだけやればよいのかが明確になります。

 予算設定・予算管理の重要性については、主に4つのポイントがあります。


 ① 資金力が乏しい中小企業や小規模企業の場合は、予算設定を行わず目標を持たずに漫然と経営を続けており倒産リスクが高くなります。

 ② 予算管理が経営の改善につながるということです。 予算管理を進めていくことで計画と実績の差が明らかになります。その差を分析し、課題や問題点を明確にすることで、初めて有効な改善策や対策を打つことができるようになります。


 ③ 予算を設定し予算管理を行うことによって、意思決定のスピードを上げることと正確な判断につながることです。会社規模の大小にかかわらず、迅速な経営判断は大切ですが、中小企業や小規模零細企業の場合は経営判断の遅れや、間違った判断がすぐに倒産などにつながるおそれがあります。予算設定・予算管理は迅速な意思決定に役立つはずです。


 ④ 具体的な数値目標を持つことでビジョンや夢が達成できる確率が高まる。「5年計画」「10年計画」を立てることで長期にわたりモチベーション高く目標達成に向けて邁進できます。目先の環境変化に惑わされず目標とモチベーション維持に繋がり将来において何が大事なのかを判断する基準にもなります。


 この様に、事業経営において目標数値を設定し、日々の業務においてそれを意識することでモチベーション高く緊張感を持った組織作りになり、さらに個々の従業員のやりがい、生き甲斐にも繋がります。

本日はここまでです。ありがとうございました。


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示